切手コレクションを見つけたら

家族がいると押入れの中から切手のコレクションが出てくるといった人はかなり多いと思います。
両親や祖父がいると昔に切手を集めていたということも多く、そのときの切手が処分しておらずそのまま残っている可能性は十分あるのです。
昭和の時代には日本で切手ブームというものが起こりましたので、使用していない昔の切手が残っていることもあります。
使用済みの切手を綺麗に切り取って残している方もいるようです。
使用済みの切手は切り取るだけでなく、エンタイアとして手紙ごと残していることもあります。
封筒や手紙と切手をそのまま残しているのがエンタイアと呼ばれ、切手買取でも需要はあります。
しかしどちらかというと郵趣に含まれるために、切手のみを買い取っている業者には断られてしまうかも知れません。
エンタイアを売るときは切手買取に買取対象となっているかあらかじめ聞いておいたほうが良いでしょう。

昔の切手であれば消印が珍しいものだと買取価格が上がる可能性があります。
珍しい切手が発行された初日に押された消印や、まだ切手集めが珍しい時代の消印付き切手であれば希少価値がつきますので買取価格が上がります。
切手集めが珍しい時代は切手の発行の初日にわざわざ消印を押してもらいに郵便局へ行く人はいませんでしたので、発行初日の消印が押された切手は必然的に発行初日に偶然郵便局へ持っていってその切手を選び、消印を押してもらったからという理由に他ならないからです。
ですので昔の切手で発行初日の消印が押された切手は珍品扱いとなり買取価格が上がることもあります。
使用済みの切手はなかなか値段がつきにくいものですが、中には未使用の切手より買取価格が上回ることもあるのです。
切手買取においても個人で買い取り前に使用済みの切手と未使用の切手を分け、使用済みの切手は捨ててしまい未使用の切手のみを売るということもありますが、そうしたことは避けたほうが賢明です。
切手を少しでも高く売りたいなら、数が揃っていると必然的に買取価格が高くなることは明らかです。

切手を買取してもらうときは、家に人が来るのは緊張してしまうものです。
家が散らかっている場合や引っ越しなどで予定が合わない場合、日中に家にいる用事がない忙しいときは、切手を宅配買取で買い取ってもらうと便利です。
買取業者に頼めば梱包のキットが送られてくることと思いますので、そこに切手を詰めて送るだけと非常に簡単で、楽に切手買取が進みます。
家に電話が来るのが嫌だったり、電話がかかってくる時間帯に在宅でいるかわからないといった人には、切手の買取額をメールで知らせてもらうことをおすすめします。
メールで買取り了承の旨を返信すれば買取成立となりますので、あとは買取金額が銀行へ振り込まれるのを待つだけなのでかなり楽に買取りが進みます。
切手買取は面倒で難しいものだと思われがちですが、実は意外と簡単にできてしまうので、不要な切手は買い取ってもらって現金にすると得をすることができます。

特に昔人気のあったプレミア切手は今の時代でも高く売ることが出来るので、是非とも切手買取を検討したいところです。
明治時代の切手はプレミアがつくものが多くありますので、家に残っていれば売りに出すことをおすすめします。
額面が低いために金券ショップでは買い取ってもらうことが出来ませんので注意が必要です。
金券ショップは近年に発行された未使用の切手のみを売るところで、プレミアがついた切手を売ってしまうのはもったいないです。
明治に発行された切手は龍文切手や竜銭切手など誰もが知る有名な切手が数多くあります。
しかし明治の普通切手は額面など数多くのバリエーションがありますので、それぞれの価値や買取価格も少しずつ違います。
それぞれの買取価格を事前に調べるのは非常に大変ですので、切手買取業者に一任してしまうという手もあります。
特に古い切手はダメージを受けていることが多く、年数が経つにつれてダメージが進行してしまいますので保管に自信がなければ早めに切手を買い取ってもらうと良いでしょう。

切手は紙で出来ていますので湿気にも弱いです。
しかし日本は湿気の多い国なので、切手をダメージを受けずに保存しておくことには苦労が伴います。
切手をフィルムに入れて保存する方法もあります。
切手を空気になるべく触れさせないことで、切手の綺麗な状態を長持ちさせることが出来ます。
パラフィン紙などを利用して切手を保存している方もいます。
切手を綺麗に保存しておくと買取りの際にも良い値段をつけてもらえることが多いので、少々お金がかかってしまっても、切手を綺麗に保存しておくことは得につながるといえます。
しかし大量に切手を持っていていつかは買取に出そうと思っている場合は、そうした保管にも手間がかかりますので、早めに売ってしまったほうが賢明といえます。
切手は指の脂でもシミが出来てしまうほどのデリケートなものなので、一枚一枚に気を配るのは本当に骨の折れる作業です。
ですので大切な切手のみを丁寧に保存しておき、いらない切手は売りに出すといい結果となります。