切手買取で大切な作業は買取業者選びです

切手買取において必要なことは、まず買取業者選びです。
しかし切手を買取りしてくれる業者はたくさんありますので、選ぶだけでも一苦労です。
しかも全国的に買取りしてくれる切手買取店も増えたため、選択肢が増えることは嬉しいことですが、その分悩んでしまいますよね。
そうした場合はなるべく大手の切手買取店を利用するとい良いでしょう。
小さな買取店は切手の買取が久々の場合だと相場もわかりませんし、何より対応が遅れがちになってしまいます。
切手の相場はいつも動いているようなものですので、相場を知らずに安く買い取られてしまえばこちらが損をしてしまいます。
そうしたことを避けるために大手の切手買取店が良いと思っています。
大手であれば毎日のように切手の買取を行っていますし、失敗もありません。
顧客対応にも慣れていますので、予期せぬトラブルを未然に防ぐことが出来ます。
しかも価値のある切手はおおかた分かっているため、なるべく高く買い取ってくれます。
買取業者は新規のお客さんはもちろんですがリピーターさんの確保にも精を出しているため、なるべくであれば高く買い取ろうとしてくれる傾向が見受けられます。
そのためなるべく大手の切手買取店に依頼することをおすすめします。
買取店のテレビやラジオなどの出演実績があるとなおいいですね。

価値がある切手は切手買取店を利用すると良いですが、価値がないと分かっている切手の処分はどうすればよいのでしょうか。
切手で価値のないものは額面が高い場合は金券ショップで買い取ってもらうことができます。
特に普通に使うことのできる80円切手や82円切手の需要は非常に高いです。
切手をまとめて買うと安い値段で購入することが出来るために、最近は企業や会社でも金券ショップで切手を購入するようになっています。
ですので金券ショップで切手を売る需要はありますので、切手買取であまり満足のいく値段にならなかった場合は金券ショップに売ってみても良いかも知れません。
しかし金券ショップはあまりにも額面が安い切手の場合は需要がありませんので買取りを受け付けてくれないこともあります。
そうした額面が低い場合の切手は寄付をすることをおすすめします。
切手をまとめて寄付することで不要な切手をまとめて処分することが出来ますし、世の中の役に立ちます。
切手の処分を考えている場合は切手買取店の利用と金券ショップ、そして寄付なども視野に入れて行動してみてください。

日本の切手だけでなく海外の切手も需要があり、コレクションしている人が多くいます。
近年で価値が上昇し話題となっているのは、文化革命時代の中国の切手です。
その中でも非常に有名な中国切手は、赤猿という年賀切手です。
赤猿は一枚が何十万円もする値段がつけられており、買取でも非常に良い値段で買い取ってもらうことができます。
押入れなどから赤猿切手が出てきた場合はすごくラッキーですので、切手買取店の利用をおすすめします。
赤猿は中国で初めて発行された年賀切手で、その価値は非常に高いです。
しかし高く売れるために偽物も多く出回っていますので、そうした点にも気を付けて切手買取を行うようにしましょう。
今でも赤猿の価値は高いですが、一時期のピークを境に買取価格が年々減少している傾向にあります。
今は非常に価値のある中国切手ですが、何十年後かには価値が全くないといった状態もありえますので、買取価格が高い今のうちに売りに出すのがベストです。

中国切手で他に価値の高い切手といえば、毛沢東がデザインされている中国切手です。
当時の切手は政治色が強い切手が多いために、当時の指導者であった毛沢東の切手がたくさん存在しています。
当時の切手に赤色が多いのも、その時の中国の政治に関係しています。
そうした切手は残っている数が少ないために高い値段で売ることができますので、こちらも切手買取をおすすめしたい切手のひとつとなります。
毛沢東の切手は毛沢東が書いた詩や毛沢東の傍で活躍した兵士、そして国民の姿など数多くのシリーズがあります。
毛沢東の切手は価値が高いために未使用のものは高く売れますが、なんと使用済みの切手も買い取ってもらうことができます。
使用済みの切手であれば家にあるという方も多いので、こちらも価値が下がってしまわないうちに買取りに出すと良いと思います。

他に日本の切手であれば戦前のプレミア切手が高く売れる傾向にあります。
戦前の切手というと発行されてから長い年月が経っていますので残っている数が少なく、ましてや綺麗な状態で残っているものはほんの一握りなのです。
そのためプレミアがつき高い買取価格がついています。
バラ状態の切手でなくシートであればその価値は何倍にも跳ね上がりますので、切り離さずにそのまま切手買取店に出すことをおすすめしています。
古い切手には価値がないと思われがちですが、そうではないことをもっと知ってもらいたいです。
古い切手だからこそ価値があり高く買取りされますので、そのまま処分してしまうことは避けたいところです。