一概に切手と言っても種類は様々です

切手には様々な種類があり、切手買取で非常に得をする切手もあれば、希少価値が薄くあまり高い値段がつかないような切手もあります。
戦前の切手は特に高い価値を持つ切手が多く存在しており、古い切手のために残っている数も少なく、高い値段で買取される傾向があります。
切手買取店であれば、個人で切手の価値を調べておく必要はなく、専門知識を持った査定スタッフが切手を見て値段をつけてくれますので、安心して楽に切手買取を行うことが出来ます。
しかし切手の価値を知っておくのは無駄だとはいえず、例えば切手買取の際に値段を交渉して買取価格を上げてもらえる可能性だってあるわけです。
切手の価値は本当に様々で、中には一枚あたり何十万もの買取額がつく切手だってあります。
日本にも沢山の価値のある切手がありますが、近年買取額に伸びがみられるのが中国で発行された中国切手です。
しかし中国で発行された全ての切手に高い買取額がついているわけではなく、毛沢東が納めていた文化大革命時代に発行された切手に高い価値がつき、切手買取においても高値で買取されているそうです。
そのときの中国では切手を集めることや海外への切手の輸出が禁止されていて、古くなった昔の切手の処分までが政府にて行われていたそうです。
そのため当時の中国切手は中国へ旅行に行った人が持って帰った僅かなものしか残っておらず、今では高い値段で買取されているそうです。
以前は中国切手はそれほどまでに高い値段はついていませんでしたが、現在には何十倍の値段にまで化けているそうです。
中国の経済が成長するにつれて切手の値段も上昇したようで、今では中国の裕福層が自国の骨董品を買い戻す流れが見られており、それに伴って中国切手の買取価格も急上昇したようです。
価値のある中国切手は毛沢東や人民の姿、そして政治絵画がモチーフとなったものが多く、政治色やその時のテーマカラーである赤色が多く用いられているのが特徴です。
家にそうした中国切手が眠っていましたら、是非とも切手買取をオススメします。
切手買取の中では指折りの高額切手となり、例えば中国切手のみを大量に集めたアルバムなどがあれば、買取価格が何百万円にまで昇る可能性だってあるわけです。
切手は置いておくだけでダメージが進行するナイーブなものですので、汚れて価値が下がってしまわないうちに切手買取を利用すると良いでしょう。
価値のある中国切手は、例えば消印のついた使用済みの切手であっても買取価格がつきます。
未使用の切手に比べると買取価格は下がってしまうようですが、使用済みの切手であっても買取してもらえるのは嬉しいことです。
他にも使用済みの切手は利用価値がないとされていますが、実はそうではありません。
使用済みの切手でも希少価値の高いものは切手買取店にて買い取ってもらえますし、逆に使用済みの方が買取価格が高くなる切手だって存在します。
一部の記念切手はもったいなくて郵便物に貼れず、使用済みの状態の切手が極めて少ないといった現象もあります。
そのため使用済み切手の方が珍しく、高い値段で買取されることもあるようです。
使用済みの切手は寄付に利用することも出来ます。
大量に使用済みの切手が必要となってしまいますが、発展途上国の寄付に使用する団体もあります。
そうした団体に寄付をすることで、使用済み切手を価値のあるものへと昇華させることが出来ます。
価値のあるプレミア切手として有名なものは、切手趣味週間で発行された見返り美人があります。
有名な浮世絵を題材としたもので、その美しさから非常に高い人気を得た記念切手となります。
昭和の切手ブームの時が価値はピークだったようですが、今でも根強い人気があり、切手買取においても喜ばれる切手の一枚です。
バラ切手でなくシートの状態で切手買取を行うことで、買取り価格が更に上がる可能性もあります。
シートの状態であれば5枚の見返り美人切手がある計算となりますので、一枚のバラ切手よりも買取価格は上がることは明白です。
しかし日本でいうプレミア切手の概要はあいまいなところがあり、例えば切手の額面よりも一円でも高い値段がつけば、それはプレミア切手と呼ばれるわけです。
額面を上回る価値を有しているのは確かですが、例えば三銭の額面の切手が一円で買い取られたとしても、それはプレミア切手と呼べるわけです。
しかし見返り美人などの有名なプレミア切手は額面をゆうに上回る買取価格がつきますので、切手買取を利用した方がお得だといえます。
切手の保存は難しく、紫外線によっても色褪せが生じますし、何せ紙で出来ていますので非常にデリケートです。
ただ置いておくだけでシミなどが発生してしまう場合もあり、そうしたダメージが進行するほどに価値は下がり、切手の買取価格は安くなってしまいます。
そのためきちんとした環境での保管が、切手買取においては求められます。
保管場所に自信のない方は早めに切手買取を利用して、切手を現金に換えてしまうことをおすすめしています。