切手趣味週間の有名シリーズをご紹介します。

切手趣味週刊とは1947年から切手の収取の普及を増加させる目的で毎年発行されているシリーズ切手です。分類的には特殊切手となるのですが、使用される消印が記念切手の同じものから記念切手とも言われている切手シリーズになります。日本切手の中でもトップクラスの知名度を誇る「見返り美人」や「月に雁」といった切手はこの切手趣味週刊シリーズの一枚となります。最初に述べたように毎年発行されている切手ですが、切手として価値の高いものは発行当初のものだけとなります。


【山下白雨】

記念すべき最初の切手趣味週刊シリーズ切手なります。図柄に使用されているのは葛飾北斎の富嶽三十六景「山下白雨」になります。目打ちや糊がない小型シートでの販売でした。 翌年以降に発行された見返り美人や月に雁の陰に隠れてしまい、ほとんど存在を忘れられている不遇な切手と言えます。価値もあまり高くなく数百円程度となります。 普通シリーズ切手は最初に発行され切手が高価値のものが多いのですが、なんでこんなにも価値が引くのでしょうね。


【見返り美人】

2枚目の切手趣味週刊シリーズとして1948年に発行された切手となります。 菱川師宣により描かれた「見返り美人図」が図柄として使用されおり、知名度は日本切手の中でもっとも高いのではないでしょうか。 切手としての価値も非常に高く、シートであれば万単位の価格で買取をしてくれるはずです。


【月に雁】

見返り美人と並び日本切手を代表する高価値の切手です。 読み方はつきにかりと読みます。歌川広重の作品の一部が図柄として使用されています。 発行枚数もけして多くはない為、バラ切手でも数千円で買取しくれる買取店も多いはずです。


【市川海老蔵】

切手の名前の通り、東洲斎写楽の市川海老蔵が図柄となっている切手です。 一応言っておくと、いろいろと話題となっている現代の海老蔵とは違う方です。一応は額面以上の価値がついているプレミア切手ですが、見返り美人や月に雁に比べると発行枚数が非常に多く、価値はこの2枚に比べるとかなり落ちます。


毎年発行されている為、切手趣味週刊の切手は種類が膨大にありますが、残念ながらプ価値の高い切手はほとんど存在しておりません。さらにシリーズの中でも別格と呼ばれている見返り美人や月に雁であっても、高価値の普通切手や記念切手に比べるとワンランク価値が低い切手なります。

ただ、シートで複数枚所持しているのであれば、かなりの金額で買取してくれる買取店も非常に多いと思いますので、もし手放すことがあるなら一度は、お店にもっていっていいかもしれません。


ちなみに私は、見返り美人、月に雁、海老蔵などの主要な趣味週刊シリーズを所有してますが、じつはこの記事を書くまで山下白雨の存在を知りませんでした。ずっと見返りが趣味週刊の最初の切手だと思ってた…いや、本当に勉強不足でした。はやいうちに山下白雨も購入して切手コレクションに加えたいと思います。