切手の価値の調べ方

切手には額面以上の買取価格になるプレミア切手というものが存在しています。 有名どころと言えば、切手趣味週刊の「見返り美人」中国年賀切手の「赤猿」などです。これらのプレミア切手は単片(バラ切手)でもそこそこの買取価格になります。 しかしこれまでに明治時代から発行された続けている切手はとてつもない膨大な種類が存在しており、どの切手がどのくらい価値があるのか調べるのは非常に難しいです。 そこで、今回は比較簡単に切手の価値を調べる方法をお教えしようと思います。


まず切手の価値を知るのに一番便利なのは、毎年一回発行されている切手カタログです。このカタログには過去に発行された切手が全て載っていて、載っている切手一枚一枚に評価額が記載されています。


ただ、勘違いする人が非常に多いのですが、この評価額がそのまま買取価格になるわけではありません。評価額はあくまでその切手の価値を示しているだけです。おそらく切手の買取を行っているお店でカタログに記載されている評価額で買取するお店は存在しないでしょう。ただ、買取店もこの評価額を参考にして買取価格を提示していますので、評価額が高い切手は買取価格も高額なものが多いです。
ですのでお持ちの切手の買取価格を調べるうえでカタログの評価額は一つの指針して考えてもいいとは思います。


さて、切手カタログで調べることである程度は買取価格を予想できますが、中には評価額は高くても実際の買取価格は低い切手も存在している為、正確性には欠けます。 やはり、一番は切手買取を行っている専門店に査定を依頼するのが価値を知る一番の方法だと思います。

最近の買取店はコンプライアンスも意識しているお店も多く、査定を依頼してもしつこく営業してきたり、嘘をついて買い叩いたりすることは少なくなってきています。 査定だけは無料で行っている買取店も非常に多いですし、最近ではLINEを利用したお手軽な査定方法も導入しているお店もあります。 すこしやり取りは面倒かもしれませんが、やはりプロの頼むが一番だと思います。査定の結果、高額で買取してもらえるならその場で売ってしまうこともできますね。


これ以外ではインターネットのサイトで調べるという方法もあります。 最近は何でも纏めて情報を公開してくれている人が多くいます。切手についても膨大な量の切手の価値を調べてリスト形式で掲載してくれているサイトもあります。 この方法は、一切お金はかかりませんし、人と接することもないので楽ちんです。ただ、ネット情報は間違った情報も非常に多く掲載されていますので、全てを信用しては痛い目をみることでしょう。


最後に、今回紹介して方法で一番確実なのは買取店に査定してもらう方法です。ただ、どうしても買取店に持っていくのが嫌であれば、切手カタログを購入して調べる方法をお勧めします。